第30回大会のおしらせ

日本思春期青年期精神医学会第30回大会

 

大会案内・プログラムPDF

 

※一般演題の応募期間を5月12日(金)まで延長致しました。

一般演題の募集を締め切りました。

 

学会の概要:

会期:2017年7月22(土)~23日(日)

会場:九州大学医学部百年講堂中ホール

〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1

 

大会テーマ:『青年期におけるアタッチメントの課題』

 

会 長      小倉 清(クリニックおぐら)

第30回大会長   黒木俊秀(九州大学大学院人間環境学研究院)

 

主催: 日本思春期青年期精神医学会 第30回大会実行委員会事務局

〒812-8581 福岡市東区馬出3-1-1

九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野

E-mail: jsap30th@gmail.com Fax.: 092-642-5644

 

日本思春期青年期精神医学会学会事務局

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室内

E-mail: jsap.gim@gmail.com

FAX: 03-5379-0187

学会ホームページURL: http://jsaphp.com/

 

後援:公益財団法人精神分析武田こころの健康財団

 

 

 

タイムスケジュール&主なプログラム:

 

第1日目 7月22日(土)

開会式 9:50~10:00

一般演題 10:00~12:30

昼休み・学会合同委員会 12:30~13:30

総会 13:30~14:00

特別講演 14:00~15:00

テーマ:『対象関係から見たアタッチメントの課題』

司会:黒木俊秀(九州大学大学院人間環境学研究院)

講師:松木邦裕 (京都大学名誉教授)

シンポジウム 15:15~17:45

テーマ:『青年期におけるアタッチメントの課題』

司会:平野直己(北海道教育大学)、加藤隆弘(九州大学大学院医学研究院)

シンポジスト:鈴木智美(可也病院)

三上謙一(北海道教育大学保健管理センター)

大江美佐里(久留米大学医学部精神科)

指定討論:  加藤隆弘(九州大学大学院医学研究院)

交流会・学会設立30周年記念祝賀会 18:00~20:00 九州大学医学部百年講堂

 

第2日目 7月23日(日)

9:30~10:30 教育講演

テーマ:『「親子の絆」の比較発達心理学—最近の進歩』

司会:神庭重信(九州大学大学院医学研究院)

講師:橋彌和秀(九州大学大学院人間環境学研究院)

10:30〜13:00 ワークショップ

テーマ:『発達段階におけるアタッチメントの課題を捉える』

司会:西村良二(福岡大学医学部精神医学教室)、山下 洋(九州大学病院子どものこころの診療部)

*ミニレクチャーの後、症例検討を行う予定です。

講  師:山下 洋(九州大学病院子どもの心の診療部)

姜 英愛(クリニックおぐら)

指定討論:生田憲正(クリニックおぐら)

 

14:00〜15:30 市民公開講座

テーマ:『子どもの心の安全基地を育む』

司会:黒木俊秀(九州大学大学院人間環境学研究院)

講師:村田豊久(教育と医学の会)

小倉 清(クリニックおぐら)

小林隆児(西南学院大学)

 

 

 

 

参加資格及び参加費:

 

大会参加資格

以下のいずれかに該当する方が参加できます

・本学会の会員および研修会員

・医学、心理学等の臨床的活動に携わり、守秘義務を負うことに同意できる方

・医学、心理学等の領域の大学院生で、守秘義務を負うことに同意できる方

※非会員と大学院生の方は、当日、ご所属を証明するものをご提示ください

 

参加費

会員(医師):15,000円(交流会費を含む)

会員(医師以外):12,000(交流会費を含む)

非会員 :7,000(1日のみの参加)/12,000円(2日間の参加)

大学院生:3,000円(1日のみの参加)/5,000円(2日間の参加)

交流会費:一般5,000円、大学院生4,000円

※「子どものこころ専門医制度」への参画・運営のため、医師会員の参加費が高く設定されています。

※宿泊・交通については、各自でご手配ください。

 

 

 

一般演題の募集要項:

1.演者は、共同演者も含めて原則として日本思春期青年期精神医学会会員に限ります。

2.演題は以下の2種類とします。

・カテゴリーA:思春期・青年期精神医学・心理学領域における治療およびマネージメントを素材とした発表で、何らかの学問的主張を含むもの。加えて、発表の目的、経過、考察が述べられていること。

・カテゴリーB:思春期・青年期精神医学・心理学領域における実証研究、観察研究、質的研究、心理検査を用いた研究など、通常の医学的・心理学的研究の方法を用いたもの。かつ、発表の目的、方法、結果、考察が述べられていること。

3.応募された演題の採否と発表順は、大会実行委員会で決定します。

4.応募原稿は、Microsoft WordWindows版のWord 2007word 2010もしくはword 2013

で作成してください。

5.応募原稿には、演題名、演者名(連名の場合は、発表演者氏名の前に○をつけて下さい)、

演者所属、応募者の連絡先、発表内容の要旨(800字程度)を記してください。演題名と演者名と演者所属には,英文・英語表記も併記して下さい。特殊なフォントを使わず、文字の大きさは10.5ポイントにしてください。

6.応募に際しては、添付ファイルにて下記のメールアドレスに送付してください。

jsap30th@gmail.com(第30回大会実行委員会のアドレス)

7.電子メールのタイトル(件名)は「一般演題応募」としてください。

8.応募原稿が採択された場合、応募原稿は原則としてそのまま大会抄録集に掲載します。

9.一般演題は、発表20分、質疑応答10分を予定しています。

10.発表にプロジェクタを用いる場合は、Microsoft PowerPointWindows版のPowerPoint 2007PowerPoint 2010,もしくはPowerPoint 2013)で開くことができるファイルに限定します。Windows PCとプロジェクターは大会実行委員会が用意します。

11.演題の応募期間は,201736日(月)から4 28512日(金)までとします。

 

連絡先:日本思春期青年期精神医学会 第30回大会実行委員会事務局

〒812-8581 福岡市東区馬出3-1-1

九州大学大学院医学研究院精神病態医学分野

E-mail: jsap30th@gmail.com Fax.: 092-642-5644

 

※学会入会のお申し込みなど本学会に対するお問い合わせは下記にお願いします。

日本思春期青年期精神医学会学会事務局

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室内

E-mail: jsap.gim@gmail.com

FAX : 03-5379-0187

 

第30回大会案内(印刷用)

大会ポスター