ロバート・エムディ先生来日 東京特別講演のお知らせ

世界乳幼児精神保健学会日本支部様より、講演のお知らせをいただきましたので下記に掲載致します。

 

 

世界乳幼児精神保健学会日本支部

会長 渡辺久子

 

ロバート・エムディ先生来日 東京特別講演のお知らせ

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

この度、世界乳幼児精神保健学会(WAIMH)の創設者で、現在WAIMH理事、乳幼児研究のパイオニアでREV理論として名高い児童精神科医、精神分析家のロバート・エムディ博士が、今秋9月に日本乳幼児精神保健学会FOUR WINDSの招きで来日し、長崎、旭川で講演されます。

この機会にJAIMH (WAIMH日本支部) は、東京で特別講演を企画しました。

日本講演は、コロラド大学医学部精神科名誉教授のメアリ・アン・レヴィ先生とお二人での来日となります。レヴィ先生はデンバーの精神分析協会長を歴任し、長年にわたり精神分析家、精神療法家の研修指導を続けてこられ、またコロラド乱射事件のトラウマ・ケアや発達障害児の治療経験をおもちの、国際的に人望の厚い精神分析家です。

東京講演は昼と夜の2部制です。昼の部はお二人の先生による乳幼児精神保健学と虐待トラウマをめぐる愛着臨床の包括的な講演、夜の部は新しい精神分析の動向を踏まえた講演と、その後「エムディ論文集」(金剛出版)の出版記念レセプションが企画されています。

人のモラルが健やかな親子関係の中で乳幼児期に形成される研究を世界に示したエムディ先生と、豊かな臨床経験をもつレヴィ先生により、今日本で深刻化する児童虐待、引きこもり、いじめ、発達障害、被災児のトラウマなどの多様な問題の本質への鋭く的確な示唆が頂けるものと思います。

乳幼児精神保健や精神科医、臨床家はもとより、広く子育て支援に関わる医療、保育、教育、福祉、司法、行政の関係者の皆様に、この機会を逃すことなく、ぜひご参加くださるよう、ご案内申し上げます

敬具

エムディ先生&アン・レヴィ先生の紹介

エムディ先生&アン・レヴィ先生の略歴

ちらし・申込書付き