第32回大会のおしらせ

盛会のうちに終了しました。数多くの先生方のご参加、ありがとうございました。

第32回大会および一般演題募集のご案内

 

日本思春期青年期精神医学会第32回大会を下記の要領で開催いたします。変動著しい現代において、環境が与える思春期への影響はより大きくなっていると考えます。本大会では環境という視点から現代の思春期の在り方を議論したいと考えています。会員の皆様のご発表とご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

日本思春期青年期精神医学会  会 長 生田憲正

第32回大会        大会長 白波瀬丈一郎

 

 

会期:2019年7月20日(土)~21日(日)

会場:慶應義塾大学 三田キャンパス

南校舎5F(7月20日)、北館1F(7月21日)

慶應義塾大学三田キャンパス 構内マップ

〒108-8345 東京都港区三田2丁目15−45

 

大会テーマ:『私たちを取り巻く社会、その変動の中で思春期を捉える』

 

第1日目 7月20日(土)

開会式 9:50~10:00

一般演題 10:00~12:40

昼休み・学会合同委員会 12:40~13:40

一般演題 13:40~15:10

シンポジウム 15:20~18:20

テーマ:『私たちを取り巻く社会、その変動の中で思春期を捉える』

司会:生田憲正(クリニックおぐら)、渡部京太(広島市こども療育センター)

シンポジスト:

北村大史(久里浜医療センター)

白波瀬丈一郎(慶應義塾大学)

花澤寿(千葉大学)

指定討論:補永栄子(クリニックおぐら)、増尾徳行(ひょうごこころの医療センター)

総会 18:20~18:50

交流会 19:00~20:30 慶應義塾大学

*大会1日目のスケジュールが変更になっていますので、ご注意ください。

(2019/05/25)

 

 

第2日目 7月21日(日)

ワークショップ 9:30~12:30

テーマ:『安全で支持的な環境の提供』

司会:守屋直樹(渋谷もりやクリニック)、白波瀬丈一郎(慶應義塾大学)

発表者:

武田信子(武蔵大学)

川俣智路(北海道教育大学)

平野直己(北海道教育大学

市民公開講座 13:30〜15:00

テーマ:『ゲーム障害を知る』

司会:白波瀬丈一郎(慶應義塾大学)

発表者:中山秀紀(久里浜医療センター)

 

 

大会参加資格

以下のいずれかに該当する方が参加できます

・本学会の会員および研修会員

・医学、心理学等の臨床的活動に携わり、守秘義務を負うことに同意できる方

・医学、心理学等の領域の大学院生で、守秘義務を負うことに同意できる方

※非会員と大学院生の方は、当日、ご所属を証明するものをご提示ください

 

参加費

会員(医師):15,000円

会員(医師以外):12,000円

非会員 :7,000(1日のみの参加)/12,000円(2日間の参加)

大学院生:3,000円(1日のみの参加)/5,000円(2日間の参加)

交流会費:非会員・大学院生3,000円

※「子どものこころ専門医制度」への参画・運営のため、医師会員の参加費が高く設定されています。

※宿泊・交通については、各自でご手配ください。

※会員の方は交流会にもご参加いただけます。

 

一般演題の募集要項

1.演者は、共同演者も含めて原則として日本思春期青年期精神医学会会員に限ります。

2.演題は以下の2種類とします。

・カテゴリーA:思春期・青年期精神医学・心理学領域における治療およびマネージメントを素材とした発表で、何らかの学問的主張を含むもの。加えて、発表の目的、経過、考察が述べられていること。

・カテゴリーB:思春期・青年期精神医学・心理学領域における実証研究、観察研究、質的研究、心理検査を用いた研究など、通常の医学的・心理学的研究の方法を用いたもの。かつ、発表の目的、方法、結果、考察が述べられていること。

3.応募された演題の採否と発表順は、大会実行委員会で決定します。

4.応募原稿は、Microsoft WordWindows版のWord 2007word 2010word 2013

もしくはword 2016で作成してください。

5.応募原稿には、演題名、演者名(連名の場合は、発表演者氏名の前に○をつけて下さい)、

演者所属、応募者の連絡先、発表内容の要旨(800字程度)を記してください。演題名と演者名と演者所属には,英文・英語表記も併記して下さい。特殊なフォントを使わず、文字の大きさは10.5ポイントにしてください。

6.応募に際しては、添付ファイルにて下記のメールアドレスに送付してください。

jsap2019@gmail.com(第32回大会実行委員会のアドレス)

7.電子メールのタイトル(件名)は「一般演題応募」としてください。

8.応募原稿が採択された場合、応募原稿は原則としてそのまま大会抄録集に掲載します。

9.一般演題は、発表20分、質疑応答10分を予定しています。

10.発表にプロジェクタを用いる場合は、Microsoft PowerPointWindows版のPowerPoint 2007PowerPoint 2010PowerPoint 2013もしくはPowerPoint 2016)で開くことができるファイルに限定します。Windows PCとプロジェクターは大会実行委員会が用意します。

11.演題の応募期間は,201934日(月)から4 26日(金)までとします。

募集は終了しました。多数のご応募、ありがとうございました。

 

連絡先:日本思春期青年期精神医学会 第32回大会実行委員会事務局E-mail: jsap2019@gmail.com

 

学会入会のお申し込みなど本学会に対するお問い合わせは下記にお願いします。

日本思春期青年期精神医学会学会事務局

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室内

E-mail: jsap.gim@gmail.com

FAX : 03-5379-0187

学会ホームページURL: http://jsaphp.com/