ごあいさつ

本学会のHPにアクセスいただき、誠にありがとうございます。

 

日本思春期青年期精神医学会(JSAP: Japanese Society for Adolescent Psychiatry)は、1988年に創設された学会です。本学会の目的は、思春期青年期精神医学領域の臨床、教育、研究を推進し、その進歩・発展に貢献すると共にInternational Society for Adolescent Psychiatry(ISAP)の日本における国内組織になることです。ライフサイクルのうちで特徴的な時期として区切られる思春期・青年期の精神医学的な諸問題に焦点を当てることを主目的としていますが、同時に、1987年に創設された国際思春期青年期精神医学会(ISAP: その後、心理学が加わりISAPP:The International Society for Adolescent Psychiatry and Psychologyに変更された)との緊密な連携のもとに運営されている学会です。

 

 

会長あいさつ

 

小倉 清  クリニックおぐら

 

日本思春期青年期精神医学会は思春期とその後初期成人期に至る青年期の心の発達を専門領域とする精神科医と臨床心理士をはじめとする専門家の学術集団です。若者の健全な発達と、その諸問題に関する知識と技術の研鑽が学会の目的です。

青年期は昔には存在しなかったライフサイクルであり、それは社会が高度な知識と技術そして人間性を身につける若者を求めるようになったこと、およびそれに必要な時間と教育を若者に提供することのできる生産性の高い社会になってきたことに由来します。

1967年に誕生したアメリカ思春期青年期精神医学会(American Society for Adolescent Psychiatry:ASAP)と欧州のこの領域を専門とする精神科医は1980年代の半ばに国際思春期青年期精神医学会(International Society for Adolescent Psychiatry:ISAP)を作ることに合意しました。その時に日本にも声をかけてみようということになって、小倉清会長にSherman C. Feinstein ASAP会長から打診がありました。その結果、我が国で思春期青年期の精神科臨床に励む精神分析学会および精神病理学会の会員有志が共同で学会を設立することになって、1988年に故辻悟大会会長の下で、第1回大会が大阪で開催されました。その後、初代会長の笠原嘉氏、小倉清会長と皆川邦直前会長のリーダーシップの下で本学会は発展してきました。

この間、国際学会の方では、思春期・青年期精神医学に加えて心理学も重視する立場を鮮明にするために国際思春期青年期精神医学・心理学会(International Society for Adolescent Psychiatry and Psychology, ISAPP)と改名しております。

これから若者人口が極端に減少していく時代を迎えるに当たって、一人でも多くの若者がウエルビーイングを保ちつつ、日本社会を担って行けるようになることは我が国の将来のために欠くことのできない必要条件です。しかし、思春期の不登校をはじめとするメンタルヘルスの問題は決して珍しくなく、そのためメンタルヘルスに関わる会員の皆様は勿論のこと、会員ではない養護教諭その他多くの専門職の方々の協力が、これまで以上に必要になります。

本学会は毎年一回の大会を開催して、雑誌「思春期青年期医学」を発行しております。また4年ごとに開催されるISAPPに参加して情報交換をして参りました。その学問的な基礎は精神力動的精神医学と精神分析的発達心理学・発達病理学にあります。それ以外の立場を軽視するわけでは決してありませんが、一生を通して続く発達の観点から心の臨床をする以上、一貫した発達論を踏まえる必要性は否定できません。若者へのサイコセラピー、親御さんへの親ガイダンスと子育て心理教育、若者の集団療法、親子同席面接、家族療法などの治療法は、まだまだ改善が望まれています。本学会は、会員の皆様の臨床経験と臨床研究を踏まえつつ、その成果を親御さんと若者に還元することに加えて、より広く社会還元して行くようにしたいと願っております。これからも私どものホームページを訪れて、本学会がどのようなことを、どのように考えているのかチェックしていただければ幸甚です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。