第34回大会のおしらせ

日本思春期青年期精神医学会

第34回大会および一般演題募集のご案内

 

日本思春期青年期精神医学会第34回大会を下記の要領で開催いたします。思春期青年期の心的発達にとってナルシシズムは重要な課題ですが、昨今のSNSの全盛などによりナルシシズムの在り方も大きな影響を受けていると思われます。ナルシシズムを軸に思春期青年期の課題について検討してみることは、「いま」という時代をきわめて明瞭に映し出すことにつながるでしょう。会員の皆様のご発表とご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

日本思春期青年期精神医学会 会 長 松田文雄

第34回大会長 池田暁史

 

 

会期:2022年7月9日(土曜日)〜10日(日曜日)

会場:大正大学 巣鴨キャンパス

〒170–8470 東京都豊島区巣鴨3-20-1

(COVID-19の感染状況により現地開催を中止し、オンライン大会に移行する可能性があります。続報にご留意ください。)

大会テーマ:『ナルシシズムはいま』

 

 

〔重要〕日本思春期青年期精神医学会第34回大会

開催方法および申し込み方法について

 

開催方法について

・現地開催+リアルタイムオンライン配信によるハイブリッド開催とします。

・オンラインで配信されるプログラムは、7月9日(土)のシンポジウムと特別講演、7月10日(日)のワークショップ、市民公開プログラムです。7月9日の一般演題のオンライン配信はありません。

・COVID-19の感染状況の急激な変化によって現地会場が使用不可となった場合、リアルタイムオンライン配信のみでの開催となります。その際も、配信されるプログラムは上記の通りです。

 

申し込み方法について

事前申し込みの受付は終了しました。

現地参加を希望する方に限って、当日、会場での参加申し込みも可能です。ただし、全面オンライン開催となった場合には、期日までのお申し込みと入金を済ませた人しか参加できません。(市民公開プログラムはこの限りではありません)

 

大会参加費

会員(医師):15,000円

会員(医師以外):12,000円

非会員*:7,000円(1日のみの参加)/12,000円(2日間の参加)

大学院生*:3,000円(1日のみの参加)/5,000円(2日間の参加)

※非会員および大学院生の方は参加資格を証明できるものが必要です

※「子どものこころ専門医制度」への参画・運営のため、医師会員の参加費が高く設定されています。

※宿泊・交通費については、各自ご手配ください。

・現地参加の場合でもオンライン参加の場合でも、参加費は同一です。

・オンライン参加のためには、事前の申し込みと入金が必須となります。

 

大会参加資格

以下のいずれに該当する方が参加できます。

・本学会の会員および研修会員

・医学、心理学等の臨床的活動に携わり、守秘義務を負うことに同意できる方

・医学、心理学等の領域の大学院生で、守秘義務を負うことに同意できる方

 

プログラム 

市民公開プログラム「落語の国の精神分析・特別編ー大人のこころと子どものこころ」は、一般の方にも開放されたプログラムです。
精神分析家で、定期的に寝床落語会を開催し自前で落語を演じられる藤山直樹先生が、思春期青年期をテーマにした落語を実演した上で、そこから見えてくる大人のこころと子どものこころについて講演してくださいます。
当日13時から、開場いたします。どなたでも無料でご参加いただけます。
なお、新型コロナウイルス感染症対策で、健康状態申告書をご提出いただきます。体調によってはご入場をお断りする場合がありますので、その旨、あらかじめご承知おきください。
またzoomでの配信も行いますので、以下のURLにアクセスください。
参加用URL: https://zoom.us/j/99748167602
ウェビナーID:997 4816 7602
パスコード: Rakugo0710

 

 

第1日目 7月9日(土)

開会式   10:10〜10:20

一般演題    10:20〜12:20

昼休み・学会合同委員会 12:20〜13:20

総会 13:20〜13:50

シンポジウム 13:50〜16:50

テーマ:『臨床におけるナルシシズム』

司  会:西村 馨(国際基督教大学)

日下紀子(ノートルダム清心女子大学)

シンポジスト:崔 炯仁(いわくら病院)

関谷秀子(法政大学)

近藤直司(大正大学)

指定討論:増尾徳行(ひょうごこころの医療センター)

特別講演   17:00〜18:00

テーマ:『思春期青年期に対する、価値ということに自覚的になるケア(values-informed care)』

講師:笠井清登(東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻臨床神経精神医学講座教授)

大会第2日目:7月10日(日曜日)

ワークショップ  9:30〜12:30

テーマ:『ナルシシズムを科学する』

司  会:平野直己(北海道教育大学)

補永栄子(クリニックおぐら)

講師:田中雅史(甲南大学)

工藤晋平(名古屋大学)

加藤隆弘(九州大学)

指定討論:村井雅美(岡クリニック/大阪市立大学)

白波瀬丈一郎(東京都済生会中央病院)

 

市民公開プログラム 13:30〜16:00

テーマ:「落語の国の精神分析・特別編~大人のこころと子どものこころ」

講師:藤山直樹(個人開業/上智大学名誉教授)

オンライン配信 参加用URL: https://zoom.us/j/99748167602
ウェビナーID:997 4816 7602
パスコード: Rakugo0710

 

感染対策について

・現地参加を希望される方は、6月末までにかならず新型コロナウイルスワクチンの接種を2回以上済ませておいてください。

・やむを得ない事情で上記の基準を満たせない方は、7月4日(月)~8日(金)の間にPCR検査を受け、陰性であることを確認しておいてください(検査費用は各自でご負担ください)。

・会場内ではマスクを着用してください。特別な事情がない限り不織布マスクでお願いします。着用していない方の入場はお断りします。

 

 

連絡先:日本思春期青年期精神医学会 第34回大会事務局

E-mail:jsap34tokyo@gmail.com

 

学会の入会申し込みなどに本学会に関するお問い合わせは下記にお願いします。

日本思春期青年期精神医学会学会事務局

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室

E-mail:jsap.gim@gmail.com

FAX:03-5379-0187

学会ホームページURL: http://jsaphp.com/

以上